カエルカレーは実在した 3

さて、イギリス領香港のカエルカレーはいかにして日本の赤蛙カレーとなったのでしょうか?

 

1858年、日英修好通商条約が締結。香港に本店を持つイギリス系商社ジャーディン・マセソン商会は、開国後外国企業初の支店を横浜に開きます。

 

マセソン商会など、中国に拠点を持つイギリス商社の商人が、日本支店に派遣されたわけです。ということは、商人の中にはカエルカレー好きが含まれていたに違いありません。

 

なぜ、横浜や神戸に中華街があるのか。そして、(当初は)広東料理店、香港料理店が多かったのか。それは、開国後に中国人が欧米商社の実務担当として、あるいは独立商人として、香港や広東からやってきたからです。彼らの中にも、カエルカレー好きが含まれていたかもしれません。

 

さて、「幻の黒船カレーを追え」において、ロンドンのめぐみさんは”やっぱりどう考えても赤蛙はないでしょ”と判断しました。

 

私は逆です。赤蛙と聞いて、このカレーは日本で実際に食べられていたに違いない、と確信しました。これが普通のカエルならば、疑いの目を向けていたでしょう。

 

なぜなら江戸末期ー明治時代の江戸(東京)において、普通のカエルは売っていませんでしたが、赤蛙は生きたものを食用として売っていたからです。

f:id:hikaridept:20171006030025j:plain

これは19世紀中頃の風俗をえがいた喜多川守貞の守貞漫稿における「赤蛙売」。京都大坂の赤蛙売は干物を売っていましたが、江戸では生きた赤蛙をその場でさばいて売っていました。カレーにピッタリです。

 

この赤蛙、食べるといっても薬として食べるもの。江戸(東京)の場合串に挿して醤油で付け焼きにして、子供に食べさせます。疳の虫の薬なのです。

 

関西では赤蛙を干物にして売っていたようなので、神戸の外人居留地では、カエルカレーの再現は難しかったでしょう。しかし、江戸=東京に近い横浜の外人居留地では、日本人に頼めば生きた赤蛙を入手できたことでしょう。実際に、明治時代の横浜にも赤蛙売がいました(明治物売図聚 三谷一馬 P222)。

 

というわけで、明治期の横浜でイギリス商人、あるいは中国人が赤蛙カレーを食べていた可能性は高いと考えます。

 

これは日本の洋食史を考える上で重要な知見です。いままで著者、由来が全くわからなかった西洋料理指南が、西洋料理通と同じく横浜のイギリス人由来である可能性が出てきたわけです。

 

さらに、西洋料理指南に香港料理の影響がないかを考慮する必要があると思います。というのは、仮名垣魯文の西洋料理通は当時のイギリス料理書そのままといっていいほど典型的なヴィクトリア朝料理が並んでいるのですが、西洋料理指南には、由来のよくわからない料理がいくつかあるのです。

 

さて、西洋料理指南の赤蛙カレーについては、1989年発行の「カレーライスと日本人」森枝卓士著において、以下の2つの仮説が提示されていました(P133)。小菅桂子著「カレーライスの誕生」もこれを踏襲しています。

 

・イギリス人に雇われた香港広東の中国人がカレーにカエルを入れるようになった
・フランス料理由来説

 

前者がおおよそ正解、ということになります。ただし、なぜ普通のカエルではなく赤蛙なのか、その理由まではたどり着けなかったようですが。