糸井重里と水野仁輔との蜜月関係の終わり その2

 

「カレースター計画」が終了し、夫婦であるならば別居あるいは離婚状態にある、「ほぼ日」糸井重里さんとカレー詐欺師水野仁輔さん。

 

カレースター計画が実質的に終了したのは2018年半ばのこと。「カレーの車」は6月に「ほぼ日」の手を離れ、「カレーの学校」は8月の募集が「ほぼ日」運営の最後であると告知されていました。

 

 

これだけならば「晴れて独立した」とも考えられますが、どうもそういったおめでたい事象ではなく、両者の間には溝があるようなのです。


「ほぼ日」は「生活のたのしみ展」というイベントを、今までに4回開催しています。

第1回(2017年3月)から第3回(2018年6月)までは、水野仁輔さんも出店していました。

 

ところが2019年4月の第4回には不参加。

 

「晴れて独立」ならば参加してもよいのでは、と思いますが。やはり両者の間にはなにかわだかまりがあるのでは。


カレーの学校の開始が2016年10月。

 

「ほぼ日」が水野さんを一生懸命プロデュースし、その名を世に広めようとした「カレースター計画」の開始が2017年6月。

 

カレーの学校は2年、カレースター計画にいたってはわずか1年で、物別れのような形で実質終了してしまうとは。


しかしながら、その予兆は2017年の秋には既にあったのです。

 

糸井重里さんのtwitterを「水野」「カレー」で全文検索すると、2017年8月29日のこのtweetが最後のtweet

 このtweet以降1年半以上も、水野仁輔さん及びカレースター計画について何も語らない沈黙状態になっているのです。

 

一方、水野仁輔さんのブログを「糸井」で検索すると、2017年9月17日の福島県相馬市のイベントが、二人が顔を合わせた最後となっています。

www.curry-book.com


そしてその年の末には、水野さんは糸井さんが名付けた「カレースター」を自称するのをやめてしまいました。

 

2017年の9月末以降から年末にかけて、両者が決裂するような何かがあったとしか思えません。

 

そういえばこのブログが「カレースターの嘘にだまされないで 1」を書いて、盗作捏造を告発し始めたのが2017年9月21日でした。

hikaridept.hatenablog.com

 

ひょっとして糸井さんなりほぼ日のスタッフなりがこのブログを読んで、詐欺師水野仁輔さんの正体に気づいたのでしょうか?

 

たとえそうだとしても、それまでのアツアツの蜜月関係からすると、ここまで溝が深まるのは不可解なんですよね。

 

水野さんがどんな嘘をつくやもしれない「カレーの学校」は「ほぼ日」から追放するにせよ、被災地や生活のたのしみ展におけるカレー料理のコラボぐらい残しても良いと思うのですが。

 

やはり、水野仁輔さんが何か、信頼関係を損なうようなことをやらかしたのではないかと思うのです。

 


いずれにせよ、「ほぼ日」が水野さんと縁を切るのは正しい判断です。

 

私の知る限り、「ほぼ日」という会社は、単に便利な手帳を売る会社ではないと思います。

 

商品のあり方や、それを買う人との間に、誠実な関係性を持とうとする会社、それが「ほぼ日」のあり方のような印象を受けます。

 

そんな「ほぼ日」にとって、盗作や捏造で人を詐欺にかける水野仁輔さんは、水と油のような存在。招き入れてはいけない存在だったのです。