カレースター水野仁輔さん、盗作して読者を詐欺にかける

カレーなぜ変身? 印→英→日、国民食の秘話
編集委員 小林明 2014/10/3


https://style.nikkei.com/article/DGXMZO77749350Q4A930C1000000/

 

1861年に出版された「ビートン夫人の家政読本」には、カレー粉の作り方とともに、小麦粉を使ってカレーにとろみを付ける調理法が多数紹介されている。つまり、英国で普及したカレーは、油脂で小麦粉をいためた「ルー」を使った西洋風煮込み料理にすでに姿を変えていたのだ。”

 

これは2014年10月のNIKKEI STYLE WEB記事。著者は日本経済新聞編集委員小林明さん。

 

1861年に出版された『ビートン夫人の家政読本』には、カレー粉の作り方とともに、小麦粉を使ってカレーにとろみを付ける調理法が多数紹介されている。つまり、イギリスで普及したカレーは、油脂で小麦粉を炒めた「ル」を使った西洋風煮込み料理にすでに姿を変えていたのだ。”

 

これは2017年8月発行の「幻の黒船カレーを追え」(P111)水野仁輔さん著。

 

微妙に字をいじっていますが、明らかにコピペです。

 

今までみてきたとおり、ビートン夫人の家政読本には、油脂で小麦粉を炒めたルウを使ったカレーレシピは存在しません。つまり最後の行の”油脂で小麦粉を炒めた「ルウ」を使った”はデマです。

 

hikaridept.hatenablog.com

しかしデマであるからこそ、ある意味「独創性」があるわけです。デマは創造されたアイディアですから。つまりこれは、単なるコピペではなく、アイディアの盗用になるわけです。

 

今までみてきたとおり、水野仁輔さんは大英図書館でビートン夫人の家政読本を熟読したと嘘をついています。実際には書かれた9つのカレーレシピを読むことなく、「幻の黒船カレーを追え」には、さも読んだかのようにでっちあげた嘘の内容を書き込みました。

hikaridept.hatenablog.com

しかしその嘘の内容すら、他人のアイディアの盗用、コピペだったとは・・・。

 

(追記 2019年6月)

この本を文庫化した「カレーライスはどこから来たのか」では、この部分をこっそり削除し、証拠を隠滅しました。